CALEE,RADIALL,CUT-RATE,CLUCT,CRIMIE

CALEE,CUTRATE,calee,cutrate

CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
新作のウールスーベニアジャケットを羽織って来店して下さいました。
デニムと色合わせで、ブルーのチェックシャツをインナーに入れる事で、ジャケットのグリーンが一層映えるスタイリングですね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
クルーネックのニットセーターをトップアウターに持ってきての スタイリングは、クラッシュ加工のデニムパンツがスタイルアクセントとなっており、ブーツのレッドブラウンカラーを差し色で 効かせたカジュアルスタイルですね。

CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
シャンブレーシャツをメインに使用してのスタイルは、ボトムス、イ ンナー、ハット、スニーカーをブラックで統一してクラシカルなテイ ストでまとめあげてますね。ウールハットがこの時期は季節感も演出してくれるアイテムです。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
上下をCUTRATEで合わせて来店して下さった方は、タイガーカモの スウェットパンツを軸にワークシャツを合わせ、キャスケットでカジュアルながらも洒落感を出していますね。首元に合わせたビーズネックレスも良いアクセントですね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
お二人で来店していただきました方は、ワークジャケットにチェックシャツを合わせた王道のワークスタイルとなります。ボトムスにブラックを合わせて全体のトーンを締めてあげているのも良いですね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ウエスタンジャケットをメイントップスにしてのスタイルは、インナーに柄シャツを入れて、加工のベーカーデニムを合わせる事でウエスタンの要素を上手く調和させたスタイルですね。キャスケットの後ろ被りも様になってます。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
こちらは、落ち葉柄のネルシャツをトップアウターに使用したスタイル。ブラックとネイビーの大人っぽいカラーの組み合わせに、ラウンドグラシーズでシンプルながらも洒落感を感じられるスタイルではないでしょうか。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ウールスーベニアジャケットでのスタイルは、ベージュチノーズとデニムシャツで王道のカジュアルスタイルを演出。
スタイルのバランスが取れるとジャケットの刺繍も映えますね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
シェパードチェックシャツでのスタイルは、チノーズとモックトゥで90Sアメカジを彷彿とさせるスタイルですね。
赤黒のチェックに合わせたビーズネックレスの合わせは鉄板ではないでしょうか。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
CUTRATEのオールドボタンダウンスタイルのシャツでのスタイルは、ワイドシルエットのボトムスにブローグラシーズを合わせてクラシカルなスタイルですね。
ウォレットチェーンのゴールドがワンポイントになってくれます。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ペイズリーシャツをメイントップスにしてのスタイルは、一枚で 着ても柄が目を引くシャツだけに、ボトムスはインディゴデニムを合わせるのがベターですね。
スタッフとの2ショットも、良い笑顔です。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
スーベニアジャケットをメインに、インナーに総柄シャツを入れる事でアクセント取りをしています。
ボトムスに加工のデニムを入れる事で上手くカジュアルダウンさせたスタイルになります。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
3種類のシャツを迷いに迷い、総柄のリーフシャツを購入。
オーバーオールをメインにスタイリングを組んでおり、総柄のリーフシャツを合わせる事で、洒落感をプラスしたワークスタイルになります。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
お二人で来店された方は、シャツをメインにスタイリング。お二人共に同色での合わせで、ペイズリー柄、デニムの生地感と上級者向けのスタイリングになります。
足元をブラックにすることで、シャツ一枚のスタイリングでも締まったスタイリングになりますね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
スーベニアジャケットをメインに使用したスタイルショット。
デニム、エンジニアブーツと男臭いアイテムを合わせ、インナーはTシャツと、ラフにスーベニアジャケットを合わせることで全体のバランスが取れているのではないでしょうか。随所に小物使いも光るスタイリングですね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ご家族で来店された方は、随所にレザー使いが特徴のスタイルとなっております。
スタンドカラーのシャツ、IVORYのボトムスと洒落感あるアイテムとレザーを組み合わせ、男臭さと洒落感を融合させたスタイルとなっております。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ボダンダウンシャツをメインにスタイリング。
ボトムス、スニーカーをダークトーンでまとめることで、ボタンダウンシャツのカラーを活かしたスタイリングになります。サイズ感もジャストで着こなしており、シンプルながらも自分のサイズ感を分かった着こなしになるのではないでしょうか。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
スーベニアジャケットをメインに同色のシャンブレーシャツ、チノーズを合わせることで、スーベニアジャケットの刺繍を活かしたスタイリングになります。首元に赤ビーズのネックレスもアクセントに一役買っていますね。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
カラーヒッコリーの1stタイプのジャケットを使用したスタイルショット。
IVORYのピケパンやサファリHATを合わせ、ウエスタンテイストをプラスしたスタイリングになります。

CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
全体をBLACKでまとめたスタイルショット。
シャンブレーシャツの刺繍が映えるスタイルとなります。同色でも異素材で合わせることで、重くなりすぎず、ダークトーンでも洒落感あるスタイルを構築出来るのではないでしょうか。
 
CALEE,CUTRATE,calee,cutrate
 
ネイティブボーダージャケットメインのスタイルショット。
柄のジャケットにデニムを合わせた王道のスタイルですが、ヘッドギアにレザーキャスケット、足元にブーツを合わせることで、男臭いCALEEスタイルとなるのではないでしょうか。